明治年表 1890−1900年(明治23−33年)
明治中期年表にゆく
明治年表フロントに戻る
 
1890(明治23)年
  
 1月 1日東京日日新聞が元日付録を発行。
 1月18日富山市で、米価高等に反発する市民300人が、救済を求め市役所に押しかける。いわゆる米騒動の始まり。
 1月21日中江兆民、大井憲太郎ら、自由党を結成。
 1月23日新島襄没。
 2月 1日国民新聞創刊。
 2月10日裁判所構成法公布。区裁判所、地方裁判所、控訴院、大審院の制度が出来る。
 2月11日金鵄勲章を創設。
 2月28日商品などへの菊花紋章の乱用が禁止される。
 3月 6日岩崎弥之助、政府から丸の内一帯(いわゆる三菱ヶ原)を譲り受ける。
 3月15日琵琶湖疎水竣工。
 3月15日博文館から「日本文学全書」24冊の刊行が始まる。
 3月25日女子高等師範学校創設。
 3月27日天皇統監によるはじめての陸海軍特別大演習が、愛知県で行われる。動員数3万人。
 3月帝国ホテル完成。
 4月 1日第3回内国勧業博覧会開催。
 4月 1日第1回日本医学会開催。
 4月 2日皇紀2550年、橿原神宮創建。
 4月 4日ラフカディオ・ハーン来日。
 4月21日民事訴訟法公布。
 4月26日商法公布。
 5月 1日欧米でメーデー始まる。
 5月 4日内国勧業博覧会で電車が運転される。
 5月 5日板垣退助、総選挙に備えて、愛国公党大会で自由党と大同倶楽部の合同を提唱。
 5月 7日上野公園パノラマ館が開業。戊辰戦争を描いて評判となる。
 5月10日利根運河が完成。利根川と江戸川がつながる。
 5月17日府県制・郡制が公布。
 5月17日第一高等中学校と明治学院の野球試合で第一高等中学校の応援団が明治学院教授インブリーに暴行して問題となる。
 5月22日浅草に日本パノラマ館が開業。
 5月23日東京音楽学校奏楽堂が竣工。
 5月31日三菱長崎造船所で日本最初の鋼製商船筑後川丸が完成。
 5月米価高騰により東京で餓死者。
 6月15日経済不況を受けて、大日本綿糸紡績連合会は、一月8昼夜休業の第1次操業短縮をはじめる。
 6月20日農商務省水産局を廃止。
 6月30日佐渡の相川町で米騒動。
 6月長崎でコレラ発生。
 7月 1日第一回衆議院議員選挙が本州、四国、九州で実施。選挙権資格者数は約45万人(総人口3938万人の1.14%)。結果は、民党(反政府系)の立憲自由党130、同じく民党系の立憲改進党が41で定数300のうち171を占める。このほか大成会79、国民自由党5、無所属45。
 7月10日第1回貴族院伯子男爵議員互選選挙が行われる。
 7月25日集会及び政社法を公布。
 8月23日東京電灯会社の電柱広告が警視庁から許可される。
 9月11日川上音二郎、東京で初の壮士芝居を行う。
 9月15日愛国公党、自由党などが統合して立憲自由党が結成される。
 9月21日日本法律学校開校。後の日本大学。
 9月29日逓信省、女性電話交換手を募集。資格は小学校高等科修了。この募集で7人を採用する。
10月 7日岡倉天心が東京美術学校長となる。
10月 7日民法財産取得編を公布。
10月 7日刑事訴訟法公布。
10月12日英国人スペンサー、横浜で落下傘を実演。
10月24日貴族院初代議長に伊藤博文が就任。
10月30日教育勅語発布。
10月長瀬商会、花王石鹸を発売。
11月13日浅草に凌雲閣が開業する。日本初のエレベータも運用を開始。
11月20日帝国ホテル開業。
11月22日國學院開院。
11月25日第1回帝国議会召集。議長に中島信行、副議長に津田真道を選出。
11月29日第1回帝国議会開院式が天皇親臨のもと行われる。
11月スペンサーの落下傘公演天覧。
12月 4日北里柴三郎、ドイツのコッホ研究所において、ベーリングと共同で破傷風とジフテリアの血清療法を開発。
12月16日東京・横浜両市で市内及び市間の電話交換業務を開始する。
12月23日東京盲唖学校の石川倉次らが50音点字表を完成。
12月博文館「当用日記」刊行。
 この年、東京職工学校を東京工業学校と改称。
 この年、コレラで35227人が死亡。
  
1891(明治24)年
  
 1月 1日総人口4025万人となり、4000万人を突破。
 1月 3日博文館「少年文学叢書」を刊行開始。
 1月 8日衆議院予算委員会、政府提出予算の大幅削減案を提出し、政府はこれに同意せず。
 1月 9日内村鑑三、第1高等中学校の始業式で、教育勅語への拝礼を軽い礼で済ませたことが問題となる。
 1月12日東京と大阪の商工会議所設立が許可される。
 1月19日明治火災保険会社設立。
 1月20日完成したばかりの帝国議会議事堂が焼失。直ちに再建がはじまる。
 1月井上勝ら岩手県に農場を建設。設立者、支援者らの名前を取って小岩井農場と名付けられる。
 2月 3日内村鑑三、第1高等中学校を辞職。
 2月 5日川上音二郎一座、堺で旗揚げ興業。
 2月18日三条実美死去。
 2月20日予算削減をめぐって紛糾していた衆議院で、大成会の提出した「予算削減は政府同意を経て議会で決議する」という 議案に、立憲自由党土佐派が議会解散を避けるためと予算削減を行うために妥協し決議。
 2月21日中江兆民、議会民党の政府に対する弱腰を批判して、衆議院議員の辞表を提出する。
 2月24日立憲自由党分裂。土佐派など29議員が離党。
 2月25日三条実美の国葬が行われる。
 2月26日板垣退助、立憲自由党を離党。
 2月27日帝国議会衆議院、中江兆民の辞表を受理。
 3月 2日衆議院で予算修正案が可決。妥協策に基づき当初予算から650万円が削減される。
 3月 6日徳川育英会、育英黌に農業科を設立。後の東京農業大学。
 3月 8日東京神田駿河台のニコライ堂開堂式が行われる。
 3月19日立憲自由党大会が行われ、党名を自由党と改称し、板垣退助を総理に選出する。
 3月24日度量衡法公布。
 4月10日第1回医術開業試験を実施。
 4月27日ロシア皇太子ニコライ、シベリア鉄道建設委員長としてウラジオストクでの起工式に赴く途中のこの日、来日する。
 4月丸亀歩兵第12連隊に所属していた二宮忠八がゴム糸を動力とする模型飛行機を製作。
 5月 6日松方正義蔵相が首相に就任。蔵相は引き続き兼任し、第一次松方内閣発足。
 5月11日滋賀県大津で、津田三蔵巡査が来日中のロシア皇太子ニコライを斬りつける事件が起こる。いわゆる大津事件。
 5月12日明治天皇、ロシア皇太子を京都に見舞う。
 5月27日大津事件に関する大審院が大津地方裁判所で開廷され、津田三蔵に対する死刑求刑に対し、謀殺未遂罪で無期徒刑の判決が下される。
 5月31日ロシア、シベリア鉄道をウラジオストクで起工。
 6月 7日法学者の中村正直死去。
 6月17日小学校祝日大祭日儀式規程を定める。
 6月23日大槻文彦編の「言海」出版祝賀会が開かれ、政府関係者ら出席。招待されていた福沢諭吉は、祝詞の順番が伊藤博文の後だったために欠席。
 8月11日日高藤吉郎、日本体育会創立。
 8月東京市15区と八王子市で土葬が禁止となる。
 9月 1日日本鉄道、上野−青森間が全通する。全線所要時間は約26時間半。
 9月10日小笠原南方の無人島を硫黄島と命名し日本領を宣言。
 9月12日日本鉄道会社が、甲と乙の定期割引切符の発売を発表。
 9月12日群馬県、1893年末を以て公娼を廃止すると布告。
10月 7日文部省、小学校の修身教科書使用を通達する。
10月15日お茶の水橋が開通。
10月28日愛知・岐阜県下で大地震。マグニチュード8.4。死者7466人、全壊142177戸。岐阜、大垣、名古屋で被害甚大。いわゆる濃尾大地震。
10月坪内逍遙編集で「早稲田文学」創刊。
11月 5日演劇新派の伊井蓉峰ら済美館を旗揚げ。
11月 7日幸田露伴、日刊紙「国会」に「五重塔」の連載開始。
11月17日小学校規則大綱制定。また、政府は各学校に御真影と教育勅語を納めておくことを命じる。
12月 1日石井亮一ら濃尾大地震の被災孤児を収容した孤女学院を開校。後の滝乃川学園。
12月 7日朝鮮咸鏡道で防穀令が出されたことに対し、在朝鮮日本公使が損害賠償を要求。
12月18日田中正造、足尾鉱毒問題の質問書を衆議院に提出。
12月22日樺山資紀海軍大臣、海軍省経費削減反対演説で薩長政府の功績を力説。いわゆる「蛮勇演説」。
12月22日東京京橋の広告社が探偵業務の広告を出す。
12月25日民党の提出した予算案削減案、衆議院で可決。松方内閣は、衆議院を解散。
12月28日大隈重信、立憲改進党に再入党。代議士総会長に就く。
 この年、井上円了、妖怪研究会を結成。
  
1892(明治25)年
  
 1月15日熊本英語学校教師でキリスト教徒の奥村禎次郎が、演説で「博愛」という言葉を使ったことで、国家思想と相容れな いと知事により解雇される。
 1月16日明治美術会、洋風美術指導の教場を開く。
 1月23日植木枝盛死去。
 1月28日予戒令公布。総選挙の事前政治運動の禁止を地方長官および警視総監に付与するもの。
 2月 3日出口なお、京都綾部で大本教を興す。
 2月11日福島安正陸軍少佐、ロシア調査を兼ねてシベリアの単独横断を目指しベルリンを出発。
 2月15日第2回臨時衆議院議員選挙。選挙期間中に政府と民党支持者の間で紛争が多発し、25人が死亡、388人が負傷する。結果は民党の大勝利。
 2月23日伊藤博文枢密院議長、選挙干渉の責任者処分を主張して辞任。
 3月 4日久米邦武、「史学雑誌」に発表した論文「神道は祭天の古俗」で反発を買い、東京帝国大学教授の地位を免官される。
 3月11日第2回臨時衆議院議員選挙の干渉を指示した内務大臣品川弥二郎が辞職。
 3月16日オーストリア駐日公使クーデンホーフ伯爵と青山光子が結婚。
 3月16日読売新聞、活躍する女性「16名媛」を読者に投票させた結果を発表。
 4月10日神田で大火。焼失家屋4100戸。
 4月16日日本火災保険会社設立。
 4月児島惟謙ら大審院裁判官の花札賭博が問題化。
 5月11日貴族院、政府の選挙干渉に対する反省の建議案を可決。
 5月14日衆議院、政府選挙干渉問責決議案を可決。
 6月 4日琵琶湖疎水を利用した日本初の水力発電所京都蹴上発電所が開業。
 6月13日天皇、予算に対する協賛権は、貴族院・衆議院に差はないとの裁定を下す。
 6月17日小包郵便法を公布。
 6月21日鉄道敷設法を公布。
 6月22日与党中央交渉部と、中立議員らが国民協会を結成。
 6月27日震災予防調査会設立。
 6月東京−大阪間に4重電信機が導入される。
 7月30日松方正義首相、内閣不統一を理由に辞表を提出。
 7月歌舞伎座で「怪談牡丹灯籠」が初演。
 8月 6日伊沢修二、小学校教育費の国庫補助を要求するため、国立教育期成同盟会の結成を提案。
 8月 8日第2次伊藤博文内閣成立。政局の安定を目指した元勲内閣。
 9月25日第1回全国商業会議所連合会が開催。
 9月伊藤為吉、江原素六ら職工の自立、職務への忠実、粗製濫造の防止をうたった職工軍団を組織。
10月 1日小包郵便業務開始。
10月29日伊沢修二の呼びかけで、国立教育期成同盟会発足。
11月 1日黒岩涙香、「万朝報」を創刊。
11月10日東京下谷に市村座が開場。
11月11日「国民新聞」に松原岩五郎の貧民街の様子を取材した「最暗黒之東京」の連載が始まる。
11月24日民法・商法の施行延期法を公布。
11月30日福沢諭吉が後援し、北里柴三郎を主任として、大日本私立衛生会伝染病研究所が設立。
11月30日フランスから回航中の水雷砲艦「千島」とイギリス船ラベンナ号が衝突、千島が沈没し、乗員74人が死亡。
11月東洋自由党に日本労働協会が設立される。
12月20日大阪紡績工場で火災。夜間就業中の女工ら95人が死亡。
12月聖公会の宣教師J・バチェラーがアイヌ病院を設立。
12月大阪角座で初めて男女混合劇が上演される。
 この年、天然痘の死者8409人。
 この年、陸軍省陸地測量部が5万分の1地図の作成を開始。
  
1893(明治26)年
  
 1月 7日星亨、自由党の演説会で改進党を攻撃する演説を行い、両派が対立。
 1月17日ハワイの米国支援臨時政府、王制を廃止。
 1月22日2代目河竹黙阿弥死去。
 1月28日山形県酒田の相馬屋で、町長が芸妓に宮中女官の装束をさせて問題となる。
 1月31日島崎藤村、北村透谷らが参加して「文学界」創刊。
 2月10日帝国議会が軍備削減を可決したため、内廷費の下付と官吏俸給の一割納付で、軍備を拡張することが詔勅によって決まる。
 2月25日大石正巳在朝鮮日本公使、朝鮮政府に対し防穀令における日本商人の損害を17万円余りとして、賠償を請求。
 3月 4日弁護士法公布。これにより代言人制度は廃止となる。
 3月 9日朝鮮政府、防穀令による日本側の損害を4万円余りと報告。
 3月20日郡司成忠海軍大尉ら63人が千島探検に出発。
 3月29日三重県松坂で大火。町の約半数に当たる1500戸余りが焼失。
 4月 1日直江津線の横川−軽井沢間がアプト式で開業。これにより上野から直江津までが全通。
 4月 3日東京婦人矯風会が中心となり日本基督教婦人矯風会が結成される。
 4月15日出版法、版権法公布。
 4月津村順天堂、婦人薬の「中将湯」を発売。
 5月 1日シカゴコロンブス記念万国博覧会開催。日本からも絵画、彫刻などが多数出展。
 5月18日市町村財政の許す限りに於いて、小学校の授業料を徴収しない旨の勅令が出される。
 5月19日防穀令問題で、朝鮮政府が11万円の賠償金を支払うことで妥結。
 5月20日海軍軍令部条例公布。軍政と軍令が分離する。
 5月25日大阪の赤坂村で、10人を殺害する事件が発生。
 5月28日赤坂村事件で、147人を動員して山狩りを行い、犯人は自殺。
 5月前年のラベンナ号事件で、政府は、天皇の名において、ラベンナ号の船会社ピーオー汽船に85万円の損害賠償を請求する訴訟を横浜イギリス領事裁判所に起こす。ピーオー汽船も日本に対し10万円の賠償請求を行い、却下されると、さらに上海イギリス高裁に控訴。
 5月陸軍板橋火薬製造所で無煙火薬の製造が始まる。
 6月 2日土方久元伯爵邸で能楽、琵琶、講談の天覧興業が行われる。
 6月29日シベリア単騎横断を成功した福島安正中佐が帰京。宮中に参内。
 7月10日東京美術学校第1回卒業式。横山大観ら11人が卒業する。
 7月15日大阪天満橋下流で、淀川川開きを初めて開催。
 7月22日文部省、女子教育のため、小学校に裁縫教科の設置を指導。
 7月御木本幸吉夫妻、半円ながらはじめて真珠の養殖に成功。
 7月川上清哉ら、恙虫(つつがむし)研究会を設立。
 8月12日文部省、学校の祝日大祭日の儀式に用いる唱歌8編を定める。
 9月10日官営富岡製糸場が三井高保に払い下げられる。
10月 1日安倍井磐根ら、外国人雑居を認めて条約改正を行う政府の政策に反対し、その運動のため大日本協会を結成。
10月 5日南方熊楠の論文「極東の星座」が「ネイチャー」の懸賞論文第1席となる。
10月24日相馬誠胤殺害事件の被告人相馬順胤、志賀直道らが免訴となる。
10月28日ラベンナ号事件の控訴審で、上海イギリス高等裁判所は日本側敗訴の判決。日本側イギリス上院に上訴。
10月31日文官任用令、文官試験規則公布。試験任用制度が確立する。
10月日本基督教婦人矯風会、貧困から売春婦となる女性を救うため、職業婦人宿舎を設立。
11月 1日東京に明治座開場。
11月 6日相馬誠胤殺害事件で、告発人を支持した後藤新平、拘引される。
11月 7日日本郵船のボンベイ航路が開設。広島丸が就航。
11月29日衆議院、星亨の不信任動議を可決。星は辞職を拒否。
12月 1日警視庁、外国人に対する不穏当な言動を取り締まる訓令を出す。
12月13日衆議院、星亨を除名決議。
12月19日衆議院で安倍井磐根らの提出した現行条約励行建議案が上程。条約改正を遂行する政府は、衆議院の10日間停会を決定。
12月25日関根常五郎、墨汁の特許を取得。
12月29日衆議院で再度現行条約励行案が提出され、陸奥宗光外相が条約励行案反対を演説した後、政府は衆議院の14日間停 会を命じる。また、現行条約励行案を提出した大日本協会の解散を併せて命令。
12月30日政府、衆議院を解散。
 この年、天然痘流行で11852人が死亡、また赤痢で41284人が死亡する。
  
1894(明治27)年
  
 1月 4日ロシア・フランス政治軍事同盟締結。
 1月26日大阪天満紡績で、職工達が労務管理に反対して騒動を起こす。
 2月 1日富山の薬売り業者らが設立した共立富山薬学校が開校。
 2月 8日洋風に改装されていた京五条大橋が元に戻る。
 2月14日朝鮮全羅道で農民らが反乱を起こす。
 2月16日天満紡績騒動で、職工の指導者4人に重禁固刑。
 3月 1日第3回臨時衆議院議員選挙。自由党が120人で議席をのばす。
 3月 9日明治天皇大婚25年記年祝典で、逓信省が記念切手2種類をはじめて発行する。
 3月12日堀井新治郎、謄写版の特許を取得。
 3月29日朝鮮全羅道で農民基盤の在地宗教の東学党が圧政に抵抗して蜂起。甲午農民戦争が始まる。
 3月村井兄弟商会が、両切り紙巻煙草「ヒーロー」を発売。
 4月13日移民保護規則公布。
 5月16日北村透谷縊死。
 5月26日綿糸輸出を促進するため、綿糸輸出海関税を撤廃。
 5月30日甲午農民戦争、東学党軍がほぼ朝鮮全羅道を制圧。朝鮮政府、清国に援助を要請。
 5月片倉兼太郎、諏訪に三全社を設立。
 6月 2日閣議、清国が朝鮮へ派兵したことを受けて、朝鮮へ混成一個旅団の派遣を決定。
 6月 2日衆議院解散。
 6月 5日大本営を参謀本部に設置。
 6月 5日政府、ペスト流行の調査のため、北里柴三郎らを香港に派遣する。
 6月 7日政府、清国に朝鮮への派兵を通告。
 6月 7日長崎港にペスト患者の発生したアメリカ船ペリュー号が入港。
 6月 9日清国軍、朝鮮の牙山に到着。
 6月10日東学党軍と朝鮮政府が全州和約を結び和睦。
 6月10日大鳥圭介在朝鮮公使、陸戦隊を率い漢城に帰任する。
 6月12日朝鮮派兵先遣隊、仁川に到着。
 6月12日山陽鉄道、兵庫−広島間が開業。
 6月16日政府、清国に朝鮮の内政改革を共同で行う提案をする。
 6月22日清国、日本の朝鮮共同改革案を拒否。
 6月22日陸軍省、戦時死体認識票を制定。
 6月25日高等学校令公布。これにより高等中学校を高等学校と改称。
 7月 5日井原西鶴の「好色一代男」「好色五人女」などが風俗壊乱として発禁処分。
 7月 9日別子銅山新居浜精錬所の煙害で農民850人が精錬所を襲撃。
 7月16日ロンドンで日英通商航海条約締結。
 7月19日海軍連合艦隊を編成。伊東祐亨が初代司令官に就任。
 7月23日日本軍、朝鮮王宮を占領し、朝鮮軍を武装解除。
 7月25日連合艦隊、豊島沖で清国軍と交戦。
 7月29日安城渡の戦い。ラッパを吹きながら戦死した木口小平が有名になる。
 7月29日有楽町に妻木頼黄設計の府庁舎が完成。
 7月東京英和学校を青山学院と改称。
 8月 1日清国に宣戦布告し日清戦争が始まる。
 8月 2日開戦に伴い新聞事前検閲令が公布。
 8月25日博文館が写真を収録した「日清戦争実記」を出版。
 8月25日北里柴三郎、ペスト菌を発見する。
 8月31日川上音二郎一座が浅草座で「壮絶快絶日清戦争」の上演を開始。戦争劇ブームを引き起こす。
 9月 1日大本営、第1軍を編成。司令官は山県有朋。
 9月 1日第4回臨時衆議院議員選挙。
 9月12日御木本幸吉、半円真珠養殖法の特許を申請する。
 9月15日広島に大本営を移し、明治天皇も広島に入る。
 9月15日平壌の戦い。
 9月15日中国新聞の従軍記者山下静観が戦死。
 9月16日日本軍、平壌を占領。
 9月17日日本海軍、黄海大孤山港沖で清国艦隊と遭遇交戦し勝利。黄海の制海権を握る。
10月 1日東京商品取引所が開業。砂糖・塩・綿糸・綿花・木綿・油・肥料・金属・雑穀の9品。
10月 3日大本営、第2軍を編成。司令官は大山巌。
10月 5日初の定期時刻表である「汽車汽船旅行案内」が発売。
10月15日大本営のある広島で第7臨時議会が開催。
10月22日山形県庄内地方で大地震。マグニチュードは7.3。死者739人、家屋倒壊4488戸。庄内地震。
10月24日臨時軍事費予算1億5000万円を公布。
10月27日志賀重昂『日本風景論』刊行。ロングセラーに。
10月日本軍に抵抗して東学党が再度蜂起。
10月秀英社mp印刷工場が完成。
11月 1日ニコライ2世ロシア皇帝となる。
11月 8日仮名垣魯文死去。
11月21日日本軍、旅順要塞を陥落し、旅順口を占領。
11月22日日米通商航海条約に調印。
11月24日東京音楽学校奏楽堂で歌劇「ファウスト」上演。
12月 9日上野で旅順占領の第1回戦勝祝賀会を開催。「川上音二郎戦地見聞日記」が上演され、皇太子も観劇。
12月20日山県有朋元勲優遇。
12月31日コンドルらが設計を担当した丸の内三菱第1号館が完成。
  
1895(明治28)年
  
 1月12日京都南禅寺が焼失。
 1月15日有栖川宮熾仁親王死去。
 1月20日日本軍、山東半島に上陸。
 1月29日高等女学校規程公布。
 1月博文館が「太陽」「少年世界」「文芸倶楽部」を創刊。
 1月樋口一葉の「たけくらべ」が「文学界」で連載がはじまり評判となる。
 2月 1日京都電気鉄道開業。最初の路面電車。
 2月 1日日清講和会議が広島で始まるが、清国側の信任状不備を理由に進まず。
 2月 2日日本軍、威海衛を占領。
 2月12日清国北洋艦隊壊滅。司令官丁汝昌は自殺。
 2月22日第1高等学校のベースボール選手だった中馬庚がベースボールを「野球」と翻訳する。
 3月 4日流星雨が出現し、愛媛県に隕石が落下。重さ約71kg。
 3月15日平安遷都1100年際記念の平安神宮創建鎮座式が行われる。
 3月20日下関春帆楼で日清講和会議がはじまる。
 3月24日自由党員の小山豊太郎が、清国全権大使李鴻章を狙撃し重傷を負わせる。
 3月30日日清休戦条約調印。
 3月朝鮮東学党の代表全?準を処刑。
 3月臨時軍事費予算1億円を追加公布。
 4月 1日第4回内国勧業博覧会開催。黒田清輝の裸体画「朝妝」が問題となる。
 4月 3日甲武鉄道飯田町−八王子間開通。
 4月 6日甲武鉄道で観桜列車が運行される。
 4月17日下関で日清講和条約締結。遼東半島、台湾の日本割譲が決定。
 4月23日ドイツ・フランス・ロシアの公使が、アジアの安定を乱すとして、遼東半島の清国への変換を要求。「三国干渉」。
 4月24日御前会議が開かれ、三国干渉に対する処置法に関し、拒否案、列国会議検討案、妥協案の3つについて検討をはじめる。
 4月28日三宅米吉、小杉榲邨、下村三四吉らが考古学会を設立。
 5月 4日御前会議で遼東半島放棄を決定。遼東半島還付の詔勅が出され、国民の間に不満が噴出。臥薪嘗胆の言葉が流行する。
 5月23日台湾人邱逢甲、台湾巡撫唐景ッらが台湾民主国の独立を宣言。唐が大総統に邱が副総統兼義勇統領に就任。
 5月24日日本台湾総督軍部隊が宇品港を出発。
 5月25日台湾民主国独立式典が行われ、日本割譲反対の住民が蜂起。
 5月29日日本軍、台湾に上陸する。
 6月 7日日本軍、台北を占領。
 6月17日台湾都督府で始政式。初代総督に樺山資紀海軍大将が就任。
 6月18日仮設呉兵器製造所が設立。
 7月ラベンナ号事件の日本政府とピーオー汽船との損害賠償請求裁判で、イギリス上院の判決が出され、ピーオー汽船の 訴えを退け、賠償金は1万ポンドでの和解成立となる。
 8月 5日日清戦争論功行賞が行われ、伊藤博文、山県有朋、大山巌、西郷従道が侯爵となる。
 8月 6日台湾総督府条例制定。台湾軍政が始まる。
 8月鳥居龍蔵、東京人類学会の依頼で、満洲地方を考古学的に調査。
 9月 7日三菱合資会社銀行部設立。
 9月18日住友銀行設立。
 9月22日東京神田で救世軍が宣戦式を行い、救世軍が日本で活動を開始。
10月 1日野中至・千代子夫妻、気象予報の研究のため、富士山頂で観測を開始する。
10月 6日瀬木博尚が広告業の博報堂を創業。
10月 8日朝鮮漢城で日本人壮士らによる親露派の閔妃殺害事件が起こる。在朝鮮公使三浦梧楼、大院君を擁して政権を奪取し反露政権樹立を企てる。
10月15日東京の大丸呉服店で、大売出しが行われる。
10月21日日本軍、台南を占領。
10月26日孫文らの興中会が広州で反清武装蜂起を起こすが失敗に終わる。
10月31日清国政府、第1次賠償金5000万両を日本へ支払う。
10月31日帝国京都博物館が完成。設計は片山東熊、足立鳩吉。
10月徳島県で、里子・もらい子の虐待を禁止する規則が制定される。
11月 5日西洋音楽家で、幸田露伴の妹幸田延が留学から帰国。
11月 6日樺山台湾総督、各軍へ帰還命令を出す。
11月 8日ドイツ人物理学者レントゲン、エックス線を発見。
11月 8日清国と遼東半島還付条約に調印。
11月15日東洋経済新報創刊。
11月22日自由党、伊藤博文内閣との提携宣言書を発表。
12月 9日写真家鹿島清兵衛が歌舞伎座の舞台劇「暫」を撮影。
12月兵庫県宍粟郡の郡長らが40円を拠出して、就学補助基本積立基金を設立。
12月朝鮮親日派政権、断髪令を断行。
  
1896(明治29)年
  
 1月 1日北海道渡島、後志、胆振、石狩に徴兵令施行。
 1月クーデンホーフ伯爵と光子夫人、ヨーロッパへ向けて出発。
 1月山室軍平、日本人で初めて救世軍士官となる。
 1月朝鮮中部の忠清道堤川で柳麟錫らが親日政権打倒を掲げ蜂起。
 2月11日朝鮮王高宗ら、ロシア軍の護衛でロシア公使館へ移り、親露政権を樹立。親日派政権閣僚を殺害。
 2月21日山県有朋、ロシア皇帝ニコライ2世の戴冠式出席と朝鮮問題対応のため、特命全権大使に任命される。
 2月22日日本海上保険設立。
 2月29日辰野金吾設計の日本銀行本店が完成。
 3月 1日立憲改進党、立憲革新党、中国進歩党などが合同して進歩党を結成。
 3月 7日沖縄県に県区制、郡区制が公布され、県下を首里区、那覇区と5郡で区分する。
 3月15日日本郵船、欧州定期航路を開設。土佐丸が就航。
 3月16日陸軍、6個師団増設を決定。
 3月24日造船奨励法、航海奨励法公布。
 3月29日横浜港に中国人のペスト患者が上陸。
 3月31日横浜のペスト患者死亡。
 3月31日台湾総督府直轄諸学校官制公布。
 3月山川健次郎、水野敏之丞らがX線によるレントゲン撮影に成功。
 4月 6日第1回近代オリンピックがアテネで開催。
 4月14日板垣退助、第2次伊藤内閣の内務大臣に就任。
 4月16日音楽家幸田延、帰朝披露演奏会を行う。
 4月20日森正道、小児病のひとつ脾疳の治療法を発表。
 4月20日日本勧業銀行法、農工銀行法公布。
 4月26日桑田熊蔵、山崎覚次郎、高野岩三郎ら、社会政策研究団体を設立。
 4月27日民法第1〜3編を公布。
 5月 1日郡是製糸株式会社設立。
 5月14日朝鮮駐在公使小村寿太郎、ロシア公使ウェーバーと朝鮮問題覚書に調印。
 5月23日第一高等学校野球部が横浜の外国人野球チームと試合。29対4で勝利。
 6月 3日清とロシアの共同防衛、東清鉄道敷設などについての秘密交渉締結。
 6月 6日黒田清輝ら白馬会を結成。
 6月 9日山県有朋、ロシア外相ロバノフと朝鮮に関する議定書に調印。
 6月15日三陸地方に大津波が押し寄せる。死者27000人、家屋の流失・破壊1万戸に達する。村落移転などの対策は進まず。
 7月 2日川上音二郎、東京神田に川上座を開場。
 7月 8日東京美術学校に西洋画科が設置される。
 7月21日日清通商航海条約調印。
 7月26日日本車輌製造株式会社設立。
 7月投稿雑誌「新声」が創刊。後の「新潮」。
 8月17日文部省、満6歳未満の就学を禁止。
 8月31日陸羽地震。死者209人。
 8月軍事成忠ら千島列島最北の占守島に上陸。
 8月日本郵船、北米航路を開設。
 9月 1日東海道線の新橋−神戸間に急行列車が登場。所要時間17時間22分。
 9月18日第2次松方正義内閣成立。進歩党の大隈重信、内閣連帯性、言論・集会・出版の自由、民間人登用の3条件を出して大蔵大臣に就任。
10月 1日川崎造船所設立。
10月16日東武鉄道設立。
10月21日税務管理局官制公布され、全国に税務署が設置されることに。
10月日本郵船、豪州航路を開設。
11月 1日全国に504の税務署が開署。
11月17日神戸でキネトスコープ(のぞき眼鏡式活動写真)の上映が始まる。
11月23日樋口一葉、肺結核で死去。24歳。
 この年、赤痢が流行し死者22356人。また腸チフスで9174人が死亡。
  
1897(明治30)年
  
 1月 1日尾崎紅葉、読売新聞に「金色夜叉」の連載を開始。
 1月17日河北新報創刊。
 1月31日西周死去。
 1月正岡子規、雑誌「ほととぎす」を創刊。
 2月 5日製鉄所官制により、福岡県八幡村に製鉄所建設が決定。
 2月15日稲畑勝太郎、大阪南地演舞場シネマトグラフを上映。「自動写真」と名付ける。同じ月、新町演舞場でバイタスコープが上映され、「活動写真」と名付けられる。
 2月27日ハワイ移民665人のうち463人が手続き不備などとして上陸拒否にあう。
 3月 1日片山潜、東京でキングスレイ館を開設。初のセツルメント。
 3月 3日足尾鉱毒被害者2000人が農商務省に鉱山の創業停止を訴える。
 3月20日ハワイ移民のうち上陸拒否にあった463人が送還される。
 3月22日「The Japan Times」創刊。
 3月24日新聞紙条例改正公布。
 3月24日閣議で足尾鉱毒調査委員会の設置を決定。
 3月25日水産講習所を設置する。後の東京水産大学。
 3月29日首里の士族11人が、徴兵拒否で中国へ逃亡を図り、宮古島で逮捕される。
 3月29日清からの賠償金で金本位制が行える見通しがついたことにより、貨幣法が議会を通過し、公布される。
 4月 1日伝染病予防法公布。
 4月 1日台湾銀行法公布。
 4月 6日高野房太郎、職工義友会で労働組合結成を促する演説を行う。
 4月22日八王子で大火。
 4月23日東京朝日新聞、八王子大火の内容原稿を伝書鳩を使って輸送。
 4月27日高等商業学校付属外国語学校設立。
 4月27日東京図書館を帝国図書館とあらため、整備を行う。
 4月ハワイ移民549人が上陸拒否にあう。
 5月 4日道府県に地方視学が設置される。
 5月 8日ロンドンで清国から賠償金274万ポンドを受領。
 5月11日島村駐ハワイ公使、移民受け入れ拒否問題で抗議。
 5月17日名古屋に御園座が開場。
 5月井上哲次郎ら大日本協会を設立して、雑誌「日本主義」を創刊。
 5月緒方正規、ペスト菌がネズミのノミによって媒介されていることを発見。
 6月 1日官営八幡製鉄所開庁。
 6月 5日鉄道学校開校。
 6月 7日日本勧業銀行設立許可。
 6月10日古社寺保存法公布。国宝指定が始まる。
 6月10日雑誌「実業之日本」創刊。
 6月16日米・ハワイ併合条約が調印され、ハワイ併合。日本政府、日本の権益を危うくするとして米国に抗議。
 6月20日高山樗牛、日本主義を提唱。
 6月22日京都帝国大学設立。
 6月26日河口慧海、チベット調査に出発。
 7月 4日労働組合期成会の発起人会が開会。
 7月長野県松本で木下尚江、中村太八郎ら、普通選挙同盟会を結成。
 8月 2日日本勧業銀行開業。
 8月 4日後藤象二郎死去。
 8月10日両国川開きで、多数の人手により欄干が崩壊、川に転落するなどで死傷者多数。
 8月24日陸奥宗光死去。
 8月26日徳富蘇峰、内務省勅任参事官に就任し、変節との非難を受ける。
 8月29日島崎藤村、詩集『若葉集』を出版。
 9月 6日朝鮮政府、ロシア軍人を顧問として、軍隊を再建。
 9月京都帝国大学理工科大学設置。
10月 1日貨幣法施行で、金銀本位制が始まる。
10月13日文部省、箝口訓令を発布。教師の政談を禁止する法令。
10月16日朝鮮国王高宗、国号を「朝鮮」から「大韓帝国」へ改め、中国との宗属関係断絶を決める。
10月31日進歩党代議士総会で、松方内閣との協力関係断絶を決議。
11月 2日松方内閣、進歩党代議士総会に出席した進歩党出身の尾崎行雄、志賀重昂らを免官。
11月
6日大隈重信、外相兼農商務相を辞任。
11月10日隅田川永代橋が完成。
11月14日ドイツ軍、膠州湾を占領。
11月15日ロシア軍、遼東半島を占領。
11月官営鉄道の主要な駅で手荷物運搬業(いわゆる「赤帽」)が許可される。
12月 1日鉄工組合が発足。
12月25日衆議院、内閣不信任案上程を受けた松方内閣によって解散となる。
12月25日志賀潔、赤痢病原体を発見と発表する。
12月28日松方正義内閣総辞職。
 この年、海軍兵器製造所を海軍造兵廠と改称。
  
1898(明治31)年
  
 1月 1日大阪商船、揚子江沿岸航路、上海・漢口線を開設。
 1月 1日葉煙草専売法施行。
 1月12日第3次伊藤博文内閣成立。
 1月12日松方正義元勲優遇。
 1月20日元帥府条例公布。小松宮彰仁親王、山県有朋、大山巌の陸軍大将3人と、海軍大将西郷従道が元帥に。
 1月関西鉄道の車両に電灯が取り付けられる。
 2月 2日日本鉄道で機関士らが我党待遇期成大同盟会を結成。
 2月10日群馬の三井富岡製糸所で女子工員743人が労働条件改定に反対してストライキに入る(〜15日)。
 2月11日神戸新聞創刊。
 2月12日大阪歌舞伎座開場。9代目市川団十郎が5万円で出演。
 2月24日日本鉄道の機関士らが同盟会指導者解雇反対のストライキを起こす。鉄道でははじめて。
 2月27日日本鉄道のストライキ、要求がとおり解除。
 2月佐佐木信綱ら短歌雑誌「こゝろの華」を創刊。
 3月 3日ロシア、清国に旅順と大連の租借を要求。
 3月15日第5回臨時衆議院議員選挙。
 3月27日ロシア、旅順と大連の25年間租借権を獲得。
 3月29日東京美術学校校長岡倉天心が罷免。これをうけ、日本画科の橋本雅邦、下村観山、横山大観ら17人も辞職。
 3月31日文部省、東京の公立学校増設を命じる。
 3月三遊亭円朝の「累ヶ淵後日怪談」が真砂座で初演。
 4月 1日警視庁、上野公園での労働組合期成会大運動会開催に集会禁止命令を発する。
 4月 5日日本鉄道の待遇改善期成大同盟会が解散し、日本鉄道矯正会が結成される。
 4月10日東京奠都30年祭が行われる。
 4月19日日本銀行、金融逼迫を救済するため、公債の買い入れをはじめる。日銀の市場介入操作はこれが最初。
 4月19日自由党、板垣退助の入閣を拒否され、内閣との協力関係を断絶する。
 4月22日政府、清国と福建省不割譲の交換公文で協定締結。
 4月25日政府、ロシアと朝鮮問題に関する西・ローゼン協定に調印。
 4月25日米西戦争勃発。
 4月27日片山潜、横山源之助ら、貧民研究会を組織。
 4月30日函館郊外にトラピスト女子修道院が設立される。
 5月 1日米国艦隊、マニラ湾でスペイン艦隊を撃破。
 5月 7日清国、日本へ1192万ポンドを支払い、賠償完済。
 5月上田万年、新村出ら言語学会を創設。
 6月 1日警視庁、自転車取締規則を制定。
 6月 9日イギリス、九龍の99年間租借権を獲得。
 6月10日地租と酒税の増徴案否決で衆議院解散。
 6月11日清の光緒帝、維新近代化を目指す「変法自強」を宣布。
 6月21日民法第4、5編を公布。
 6月22日自由党と進歩党が合同し、憲政党を結党。
 6月30日第1次大隈重信内閣成立。憲政党を主体とする初の政党内閣。
 6月警視庁、警察官の用語通達を出す。
 7月 1日イギリス、威海衛の租借権を獲得。
 7月 7日内務省、外国人の養子、入夫を許可制で認める。
 7月12日神戸港で生糸貿易が始まる。
 7月16日民法全編を施行。未施行の民法は廃止となる。
 7月28日前年のハワイ移民受け入れ拒否問題を賠償金7万5000ドルで解決する。
 8月 1日豊田佐吉、動力織機の特許を取得。
 8月10日第6回臨時衆議院議員選挙。憲政党が260の議席を確保する。
 8月13日横浜のフランス波止場外国人水泳場で、第1回水府流太田派対在留外国人競泳大会が開かれる。日本で初の国際競泳 大会。
 8月16日三菱造船所、日本初の大型汽船「常陸丸」を竣工。
 8月21日尾崎行雄文相、帝国教育会茶話会で金権主義を批判する演説を行った際、仮定の話として日本での共和政治を出した ことから、問題となる(共和演説問題)。
 9月 1日娘義太夫の豊竹呂昇が東京日本橋の宮松亭で初公演。
 9月21日清の西太后、政権を奪取。
 9月23日西太后ら、光緒帝を幽閉(戊戌の変)。近代化政策は失敗に終わる。
10月 9日大隈重信外相、清の戊戌の変で追われた康有為を保護するよう香港領事に訓令する。
10月15日岡倉天心ら、日本美術院を創立。
10月18日安部磯雄・片山潜・幸徳秋水ら、社会主義研究会を結成。
10月22日天皇、大隈首相に尾崎文相の辞任を求める。
10月24日尾崎行雄文相辞任。後任に犬養毅が就く。
10月25日康有為、日本に亡命。
10月29日尾崎文相の辞任をめぐり、板垣退助ら旧自由党系の閣僚らが辞表を提出し、憲政党の旧自由党派も憲政党の解散と新憲政党結成を決議する。
10月31日大隈首相以下急進歩党系の閣僚も辞表を提出し、大隈重信内閣崩壊。
11月 3日憲政党旧進歩党派、憲政本党を結成。
11月 8日第2次山県有朋内閣成立。
11月 6日東京上野で初の国際自転車運動会を開催。
11月20日高等師範学校と高等商業学校の初の軟式テニス試合が行われる。
11月29日徳富蘆花、国民新聞に「不如帰」の連載を開始。
11月下田歌子ら帝国婦人協会を発起。
12月18日上野公園に高村光雲作成の西郷隆盛像が完成し、除幕式が行われる。
12月30日地租条例改正。地価2.5%が3.3%にあげられる。
12月羽仁もと子、報知新聞に入社し、女性として初めて記者となる。
 この年、軍艦外務令、艦船類別標準が定められる。
  
1899(明治32)年
  
 1月 9日渋沢栄一、大倉喜八郎ら、衆議院議員選挙法改正期成同盟会を結成。
 1月14日東京天文台が写真撮影による観測を始める。
 1月15日「反省雑誌」を「中央公論」と改める。
 1月21日勝海舟死去。
 2月 1日東京−大阪間に電話開通。
 2月 7日改正中学校令、実業学校令を公布。1県に1校以上の中学校が設置されることになる。
 2月 8日高等女学校令公布。
 2月 8日政府、選挙資格の緩和などを定めた選挙法改正案を議会に提出するが、貴族院で否決される。
 2月23日鉄道国有調査会設置。
 2月27日南米移民第一陣810人が「佐倉丸」でペルーへ向けて出発。
 2月北海道旧土人保護法案が衆議院と貴族院で可決。
 3月 2日北海道旧土人保護法公布。
 3月 9日新商法公布。
 3月14日正岡子規、根岸短歌会をはじめる。
 3月22日耕地整理法公布。
 3月28日文官任用令を改正。山県内閣が、議会勢力が勅任官人事に介入するのを阻止するための法律。
 3月28日中島信行死去。
 3月29日中国山東省で義和団が蜂起。
 3月御木本幸吉、銀座に真珠店を開店。
 4月10日伊藤博文、政党結成を呼びかける演説会を開く。
 4月14日海軍、下瀬火薬製造所を東京に設置。
 4月30日横山源之助、『日本之下層社会』を刊行。
 5月14日宮城県白石町で大火。4300戸が焼失。
 5月15日渋沢栄一、韓国で京仁鉄道を設立。
 5月18日ハーグで第一回万国平和会議が開催。日本も参加。
 5月25日川上音二郎一座、欧米での巡業を開始する。
 5月25日山陽鉄道に食堂車が導入される。
 6月 1日東京神田の錦輝館で初めてニュース映画「米西戦争活動大写真」が上映される。
 6月15日福岡県の豊国炭鉱でガス爆発が起こり、約200人が死亡。
 6月20日日本率先活動写真会が、東京の歌舞伎座で国産映画を初上映。
 6月大井憲太郎ら、大日本労働協会、小作条例期成同盟会を設立。
 7月 1日外国人雑居許可を目前に、品位を持って外国人と交際する事を求める勅語が出される。
 7月 4日議会政党国民協会が解散。
 7月 5日国民協会のメンバーが、新たに帝国党を結成。
 7月10日天皇、東京帝国大学の卒業式に行幸し、成績優秀者に銀時計を下賜する。
 7月15日軍事機密に関する保護として、軍機保護法公布。
 7月17日日英通商航海条約改正条約施行。外国人雑居が認められる。
 7月17日米国船員ミルラー、痴情のもつれから横浜で日本人2人とアメリカ人の計3人を殺害。
 7月20日日本遠洋漁業会社設立。
 7月21日代議士中村弥六の所有する布引丸がフィリピン独立運動支援のために向かう途中、香港沖で沈没。米国政府、武器密輸事件として日本に抗議。
 8月 3日私立学校令公布。
 8月 3日文部省公認学校での宗教教育、儀式の実施を禁止する。
 8月 4日日本麦酒、東京新橋に恵比寿ビールのビアホールを開く。
 8月15日森永太一郎が洋菓子の製造販売をはじめる。
 8月19日横浜地裁で、ミルラーに対し死刑判決。条約改正後の外国人に関する初の裁判。
 8月28日西日本を台風が襲い、別子銅山では山崩れにより584人が死亡、施設が壊滅。死者は合計で1410人。
 9月15日函館で大火。2500戸が焼失。
 9月26日台湾銀行開業。
 9月27日足尾鉱毒被害者ら約7000人が、政府に対策を求めて上京。
10月 2日幸徳秋水、樽井藤吉ら普通選挙期成同盟会を設立。
10月 7日栃木県で、台風による強風を受けた列車が鉄橋から箒川に転落し20人が死亡。
10月 7日教導団条例廃止法公布。
10月11日南アフリカの権益を巡って英国とボーア人との間にボーア戦争が勃発。
10月24日清からアメリカへ亡命していた康有為が、香港へ行く途中、日本に立ち寄るが、上陸を拒否される。
10月広島でペストが発生。山陽道を拡大する。
11月18日内務省、ペスト予防のため、清とインドからの古布類の輸入を禁止する。
11月20日選挙法改正全国各市連合会が結成される。
11月30日教導団条例廃止法により、教導団が廃止され、下士官養成制度が改正される。
11月牧師で教誨師の留岡幸助、少年感化院「家庭学校」を東京巣鴨に設立。
12月16日逓信省、年賀郵便特別取扱業務をはじめる。
12月17日東京の上水道が完成し、淀橋浄水場で落成式。
12月20日ヘイ米国国務長官、青木周蔵外相に清国に関する門戸開放政策提議を行う。
12月26日政府、米国の清国門戸開放政策に関して、列国が承認すれば同意するという返答を米国に行う。
 この年、軍事機密に関する要塞地帯法が公布。
  
1900(明治33)年
  
 1月 1日紙幣が日本銀行券に統一。
 1月 4日横浜正金銀行、中国に支店を開設し、中国人買弁(仲介業)制度を止める。
 1月 9日水害地方地租特別処分法公布。
 1月10日野口幽香と森嶋嶺、東京に託児所「二葉幼稚園」を開設。
 1月11日栃木地裁は子供が犬にかまれて死亡した事件で、飼主に230円の賠償命令。
 1月13日長野県松本の普通選挙同盟会、初めて普通選挙請願書を衆議院に提出。
 1月14日金沢市、事業費不足のため、旧藩主前田家に10万円の借用を申し込む。
 1月15日東京市、ペスト予防のためにネズミ買い上げを行う。
 1月16日東京−京都間に長距離電話開通。
 1月17日東北地方で大雪。
 1月18日東京の普通選挙期成同盟会、衆議院に普通選挙請願書を提出。
 1月19日皇后、東京帝国大学付属病院などの入院患者に対し、木綿裏地などを下賜する。
 1月21日全国仏教徒大会、宗教法案反対を決議。
 1月22日九州で農民同盟会が結成され、選挙権拡張を要求する。
 1月23日凸版印刷創立。
 1月25日農商務省、外国人が商業会議所会員となることは出来ないことを通告する。
 1月26日米国スタンダード石油、日本での石油調査を新潟から北海道へ移すという。
 1月26日イギリスに発注していた戦艦「敷島」完成。
 1月27日北京列国公使団、清国政府に義和団の乱鎮圧を要求する。
 1月28日社会主義研究会、社会主義協会と改称する。
 1月31日三木竹二主宰で、雑誌「歌舞伎」創刊。
 1月横綱小錦引退。
 2月 1日横浜手形交換所開業。日本で3番目。
 2月 1日東京帝国大学に、陸軍砲工学校卒業生の理・工科受け入れのための特別課程を設置する。
 2月 2日山田猪三郎、山田式気球を発明し特許を取る。
 2月 6日内務省、窮民救済制度調査を行う。
 2月 7日東京深川の友禅染工場で工員280人が賃上げストを実施。
 2月 8日農商務省、重要輸出品として漆の栽培を奨励。
 2月 9日海軍無線電信調査委員会設置。
 2月11日宮内省、皇太子嘉仁親王と九条節子の婚約を発表。
 2月12日東京歯科医学校開校。
 2月13日足尾鉱毒被害者ら3000人が請願のための上京中に警官隊と衝突。
 2月15日新橋の料理屋が、芸妓16人をパリ万国博覧会へ派遣するため、横浜から出発。
 2月15日田中正造、足尾鉱毒被害者の上京運動弾圧に抗議し、足尾鉱毒被害者救済決議案を衆議院に提出し、さらに憲政本党を離党。
 2月16日北海道拓殖銀行創立総会開催。
 2月17日田中正造、足尾鉱毒被害者救済建議案を衆議院に提出。
 2月20日羽二重価格が下落し、金沢の機織業者らが休業する。
 2月23日娼妓の廃業訴訟を起こしていた函館の娼妓坂井フク、大審院で勝訴。
 2月24日福沢諭吉、慶應義塾大学で特別講義を行い、「新時代の修身要領」を発表。
 2月25日秋田の歩兵17連隊でチフスが流行し、180人余りが入院。
 2月26日産牛馬組合法公布。畜産団体への初の特別法。
 2月28日画家浅井忠、フランス留学のため神戸を出発。
 3月 3日「時事新報」、一件20銭で個人広告欄をはじめる。
 3月 5日无声会第一回展開催。
 3月 6日平山信、小惑星2個を発見。
 3月 7日未成年者喫煙禁止法公布。
 3月10日集会及び政社法を廃止し、治安警察法を公布。
 3月12日北海道で大雪。
 3月13日郵便法公布。
 3月14日米国で本格的に金本位制度が始まる。
 3月15日東京と伊豆七島との間に定期航路が開設。
 3月16日私設鉄道法公布。
 3月19日東京に海外移民保護協会発足。
 3月21日小田原電鉄、国府津−湯本間に電気鉄道を開業。
 3月22日保険業法公布。
 3月25日三重銀行開業。
 3月26日文部省、学生生徒定期身体検査規程を制定。
 3月27日三菱佐渡鉱山で待遇改善要求スト。
 3月29日衆議院議員選挙法を改正。有権者の基準を納税額15円から10円に引き下げる。
 3月30日岡山市に第六高等学校大学予科を設立。
 4月 1日三菱造船所、1日9時間労働制を10時間に変更。
 4月 3日文芸雑誌「明星」創刊。
 4月 4日日本鉄道労働組合が、待遇改善ストを行う。のち要求は認められるが、28人が解雇になる。
 4月 6日税関仮置場法公布。輸入品の陸揚げ地を定める法律。
 4月 7日牛乳営業取締規則公布。
 4月 8日山陽鉄道に日本で初めての寝台車が導入される。
 4月 9日枢密院の諮問事項が拡大される。
 4月10日全国同盟記者倶楽部発会。
 4月12日横浜生糸相場暴落。
 4月13日富士山麓にある洞窟「御胎内」が公開。
 4月14日パリ万国博覧会開催。
 4月16日文部省国語調査会設置。
 4月17日カナダブリティッシュ・コロンビア州で、日本人排斥法が制定。
 4月18日三菱佐渡鉱山で、請負制が廃止され飯場制度が採用される。
 4月19日領事館職務規則公布。
 4月20日福井市で大火。1700戸余りが焼失。
 4月22日木曾・長良・揖斐三川分流工事が完成し、式典が行われる。
 4月23日警察協会設立。
 4月24日カナダブリティッシュ・コロンビア州の日本人排斥法をカナダ総督は不認可とする。
 4月25日皇室婚嫁令制定。
 4月26日富籤取締規則公布。
 4月27日内務省、社寺局を廃止して、神社局・宗教局を設置。
 4月28日台湾で一般外国郵便為替の取扱をはじめる。
 4月28日皇太子婚約記念切手発売開始。ただし使用は挙式の5月10日から。
 4月29日「二六新報」、三井財閥の乱脈を批判する特集記事の掲載を開始する。
 4月30日「軍艦マーチ」が神戸観艦式で初演奏。
 4月30日ハワイが米国準州になる。
 5月 1日東京電気鉄道設立。
 5月 3日義和団勢力、北京に迫り、青木外相は西徳二郎駐清公使に、欧米と共同歩調をとるよう訓令をする。
 5月 5日パリで日本美術館開館。
 5月 6日日本体育会新体操場完成。
 5月 7日サンフランシスコ労働協会、中国人移民排斥法の日本人拡大適用を決議。
 5月 9日渋沢栄一に男爵を授与。
 5月10日皇太子嘉仁親王と九条節子挙式。
 5月10日『地理教育鉄道唱歌第一集』刊行。
 5月11日警視庁、狂犬病予防のため、飼犬の口綱奨励を告諭。
 5月12日山川均、皇太子の結婚を非難して逮捕される。
 5月15日住友銀行東京支店が開業。
 5月17日高知で海南平民党が結成される。
 5月18日桐生三織物買継商が支払いを停止し、各地の織物業界が混乱に陥る。
 5月18日内務省、二六新報の三井財閥攻撃記事の連載を中止させる。
 5月19日陸海軍官制を改正。軍部大臣の現役武官制度が始まる。
 5月20日東郷平八郎、常備艦隊司令長官に就任。
 5月21日全国商業会議所連合会、経済救済策を協議する。
 5月23日金沢電気辰巳発電所完成。
 5月24日内務省、男女混浴禁止を12歳以上とする。
 5月25日黒田清輝、文部省の命を受け、美術制度の調査のためフランスへ向けて出発。
 5月29日閣議、義和団事件で清国への軍艦派遣することを決定する。
 5月31日東京市、各家のごみ箱について標準の形状を告示する。
 6月 1日両羽電気紡績開業。
 6月 2日行政執行法公布。
 6月 4日外国旅券規則制定。
 6月 5日清涼飲料水営業取締規則。
 6月 6日仏教各派が仏教各宗派会議を開催、帝国仏教会について話し合う。
 6月 9日東京回向院でアメリカ人の自転車曲乗りが興行される。
 6月10日義和団が北京と天津間の交通と通信を遮断、各国代表団が北京で孤立する。
 6月11日北京の日本公使館員杉山彬が清国兵に殺害される。
 6月13日米国移民20人余りが送還され帰国。
 6月15日閣議、清国へ陸軍派遣を決定。
 6月16日金光教が教派神道として神道本局から独立。
 6月17日高村光雲ら東京で美術保護策を協議する。
 6月18日『幼年唱歌』初編上巻が刊行。
 6月20日義和団が北京を包囲。
 6月21日清国政府、出兵した8ヶ国に対し、宣戦を布告。
 6月21日警視庁、新道路取締規則を制定。左側通行となる。
 6月22日日本赤十字社、義和団事件で病院船「博愛丸」「弘済丸」派遣を準備。
 6月23日下谷商業銀行が支払停止。
 6月25日スタンフォード大学学長が来日。
 6月26日宮内省、帝室博物館官制公布。東京・京都・奈良の帝国博物館を帝室博物館と改称する。
 6月27日富山県高岡市で大火。
 6月28日乱脈が問題となっていた三井家が新たな家憲を制定する。
 6月29日農商務省に臨時油田調査員を置く件を公布。
 6月30日義和団事件で、8カ国連合軍が天津を総攻撃。
 7月 1日初の相撲映画「回向院夏場所大相撲」が公開。
 7月 2日大型飛行船「ツェッペリン1号」がドイツで初飛行。
 7月 4日義和団、東清鉄道を破壊する。
 7月 4日川上音二郎と貞奴ら、パリ万国博覧会で公演。
 7月 6日閣議、混成1個旅団の清国への増派を決定。
 7月 7日上野公園で会津戦争のパノラマを公開。
 7月 8日日本鉄道が上野駅前にビヤホールを計画。
 7月10日高村光雲らが製作した楠正成像が完成。
 7月11日猪苗代湖の水力電気事業認可。
 7月13日広島第5師団が清国へ向け出発。
 7月17日福島県の安達太良山が噴火。硫黄鉱山などの労働者ら70余人が死亡。
 7月18日浅草花屋敷園のヒヒが醜態を演じるとして観覧停止となる。
 7月19日九州豪雨。長崎県で列車が行方不明となる。
 7月20日岩城滝次郎が日本初のガラス製造会社を設立。
 7月21日横浜山下町で倉庫火災。
 7月22日東京朝日新聞、発行部数10万部を突破。
 7月26日孫文、日本へ再度亡命。
 7月28日フランスで日本の発注した巡洋艦「吾妻」が竣工。
 7月31日イギリスで日本の発注した戦艦「朝日」が竣工。
 8月 1日東京電気、販売部を設置する。
 8月 2日北米で日本人移民排撃運動が激化したため、青木外相は各県に対し当面移民を禁止するよう通達。
 8月 3日青森県恐山の硫黄精錬工場で爆発。一人死亡。
 8月 5日吉原で廃娼運動中の救世軍兵士らが、楼主らの雇った暴徒に襲われる。
 8月 6日義和団事件で略奪した馬蹄銀120万両が日本銀行に到着。
 8月 7日幸徳秋水、万朝報に非戦論を掲載する。
 8月 9日徳島県に阿波農工銀行が設立され、北海道を除いて農工銀行設置が完了する。
 8月10日都ホテルが開業。
 8月14日8カ国連合軍、北京を総攻撃。
 8月15日北京で義和団の包囲下にあった各国公使館が開放される。
 8月15日石炭業者、不況のため、売り止め方針を協議する。
 8月16日台湾鉄道営業律令を発布。
 8月17日兵庫県下のマッチ業者が同盟全休決議。
 8月18日鶴田勝三とアメリカ人ボーンら、自転車で富士登山に出発。
 8月19日日本金工協会結成。
 8月20日小学校令を全面改正し、授業料を無料に、また義務教育4年生を確立する。
 8月21日秋田県能代で大火。
 8月22日加工用輸入物品関税免除の法を公布。
 8月22日富士登山を行っていた鶴田勝三とボーンら、7合目から自転車で下山。
 8月24日逓信省、電話呼出規程を制定。未加入者のためのサービス。
 8月25日横浜の中国人ら、中華街市場の開設を申請する。
 8月28日宮内省、台湾製糖の株式1000株を引き受ける。
 8月29日村井啓太郎、二つの朝日新聞に「北京籠上日記」の連載を開始。
 8月30日ロシア軍、黒龍江省城を占領する。
 9月 1日逓信省、電報規則を制定。
 9月 6日大阪毎日新聞社長原敬、政友会へ入党するため、辞職。
 9月 7日雑誌「日本」に、文部省の漢字検定は教育勅語の神聖を冒すものという批判論が載る。
 9月11日上野駅と新橋駅構内に公衆電話が設置される。
 9月12日台湾守備部隊の戦功者119人に勲章を授与する。
 9月13日憲政党臨時大会で、伊藤博文新党への参加のため、解党を決議。
 9月14日津田梅子が女子英学塾を設立。
 9月15日立憲政友会が発足。総裁は伊藤博文。帝国ホテルで結成式が行われる。
 9月16日会津若松市で会津戦争33年忌を行う。
 9月17日東京電気鉄道、市内電気供給事業の許可を得る。
 9月19日大石寺、日蓮宗大石寺派として独立。
 9月23日パリで第2インター大会。
 9月24日近衛篤麿、頭山満ら、国民同盟会を結成。
 9月25日イギリスで日本の発注した巡洋艦「出雲」竣工。
 9月26日広島に電話交換局を設置。
 9月26日首相山県有朋、辞表を提出。
 9月27日警視庁、商品に菊花の紋章使用の取締を諭告する。
 9月28日古河財閥創始者古川市兵衛、髷を切る断髪式を行う。
 9月29日逓信省、第三種郵便物認可規則を公布する。
 9月30日内村鑑三、雑誌「聖書之研究」を創刊。
 9月廃娼運動を行っている二六新報の記者らと楼主側が雇った暴力団とが乱闘に及ぶ。
10月 2日娼妓取締規則公布。規制が大幅に緩和され、正式に娼妓の自由廃業が認められる。
10月 3日生保会社談話会、模範普通保険約款を制定する。
10月 4日山県有朋と伊藤博文会見。新内閣について話し合う。
10月 7日奥羽北線の大館−鷹ノ巣間が開通。
10月 8日孫文ら、恵州で挙兵。
10月 9日三菱、有楽町にある所有地を鉄道用地として鉄道院に譲渡する。
10月10日逓信省、無線電信を政府専掌とする旨公布。
10月12日神奈川県秦野のタバコ農家2000人が買い上げ価格を不満として、専売支局を破壊する。
10月14日韓国慶雲宮で火災。
10月15日三井呉服店が新築。座売りから店内陳列式となる。
10月16日イギリスとドイツ、清国の門戸開放と領土保全を目的とする揚子江協定に調印。
10月17日神田正則英語学校が新築。
10月18日東京の錦輝館で「北清事変活動大写真」が公開されて評判となる。
10月19日第4次伊藤博文内閣成立。立憲政友会が主体の政党内閣。
10月19日山県有朋と松方正義に「元勲優遇」の詔勅が出る。
10月20日愛知県かでウンカが大発生する。農作物に被害。
10月23日香川県沖でフランス運搬船「キャラバン号」と日本郵船「山口丸」が衝突。「キャラバン号」が沈没。死者3人。
10月24日東京時計、清国での売れ行き不振で解散。
10月27日館林製粉創立。のちの日清製粉。
10月28日ボルネオ産出の石油を初輸入。
10月30日甲武鉄道の大久保−万世橋間の電化が決定。
10月31日芝増上寺の御成門が道路拡張により撤去が決定する。
11月 1日滝連太郎、歌曲集「四季」を発表。
11月 2日京浜鉄道川崎−神奈川間の建設が許可される。
11月 5日文部省、ローマ字書方調査報告を官報に公示する。
11月 6日横浜蚕糸銀行、株式投資の失敗などで経営破綻し、支払停止となる。
11月 7日アメリカ−スペイン間でフィリピン割譲条約が調印。フィリピン諸島はアメリカ領となる。
11月 8日日本がイギリスに発注していた戦艦「三笠」進水。
11月10日東京帝国大学の大運動会で、ヤード制が廃止され、メートル制となる。
11月11日ロシア、清国と密約を交わし、満洲地方の権益を独占する。
11月12日韓国の漢城と仁川との間に京仁鉄道が開業。
11月15日劇場取締規則を改正。
11月15日東京市会汚職事件で星亨が告発される。
11月17日東京商船学校の練習船「月島丸」暴風雨により駿河湾で沈没。練習生ら122人全員死亡。
11月20日鉄道作業局、英国機関車24台輸入入札を行い、6社が参加。大倉組みがすべてを落札する。
11月21日横綱力士碑が深川八幡宮内に完成する。
11月22日万国平和宣言を公布。
11月24日紀和鉄道、粉河−橋本間が全通。
11月25日江ノ島電鉄、創立総会。
11月26日横須賀医術研究会発会。
11月27日三井物産に朝鮮人参の委託販売が認可される。
11月28日台湾の高雄−台南間に鉄道が開通。
12月 1日東海道の急行列車にスチーム暖房を導入。
12月 3日台湾銀行、銀行券の発行を開始。
12月 4日明治銀行、株投機に失敗して経営破綻。
12月 5日吉岡弥生・荒太夫妻、東京女医学校を創立。後の東京女子医科大学。
12月 6日黒岩涙香、五目並べを連珠と呼ぶことを提唱する。
12月 8日東京音楽学校で、ビゼーの「カルメン組曲」を初演。
12月 9日東北で大雪。
12月10日台湾製糖、台南に創立。
12月11日ペスト流行で横浜市が厳戒態勢に入る。
12月13日山梨県の宮原政蔵、山梨小作同盟を結成。
12月14日物理学者プランク、量子論を提唱する。
12月15日日本生命、中国赴任者へ保険料割増を決定する。
12月17日東京湾艀会社で社長排斥ストが行われる。
12月18日憲政本党、総理職を新設し、大隈重信を推薦。
12月19日小村寿太郎、駐清国公使に任命される。
12月20日加藤高明外相と駐日ロシア公使、韓国問題で第1回目の会談を行う。
12月21日星亨逓信大臣辞職。
12月22日逓信大臣に原敬就任。
12月22日東京浅草区の銭湯が値上げ。
12月24日列国公使団、清国政府に対し義和団事件に関する12ヶ条の講和条件を要求。
12月25日熊本第九銀行が株の下落で営業困難となり支払停止。九州一帯に金融恐慌が発生する。
12月27日銀座天賞堂時計店新築落成。
12月30日清国政府、義和団事件の講和条件12か条を受諾。
12月31日慶応義塾で、20世紀到来祝賀の世紀送迎会が行われる。
12月雑誌「明星」11月号が、一条成美の女性裸体図の挿絵で発禁処分となる。
明治中期年表にゆく
明治年表フロントに戻る