史料所蔵施設データ集


 ・以下は、史料を保管している主な施設のデータです。
 ・施設名は50音順になっています。
 ・史料を所蔵している諸施設のうち、ホームページを開設している施設は、アドレスを掲載します。
 ・ホームページは、その施設公式のものと判断したものに限っていますが、個人的に施設を紹介するページがあります。検索エンジンなどでチェックしてみて下さい。
 ・アドレスは変更されることがありますので、こまめにチェックしていて下さい。
 ・リンク先から戻る場合は、ブラウザのバック機能をお使い下さい。
 フロントページに戻る


北海道立図書館北海道、樺太、千島関係の資料を保管。伊達家文書、阿部家文書、福島屋文書などを所蔵。マイクロフィルムなどあり。北海道江別市文京台東町41
http://www.snowspr.isp.ntt.co.jp/wnn-c/ja/bunka/tosyo/225-73.html


北海道立文書館昭和60年に重文指定の北海道旧本庁舎に開館。北海道行政の資料、旧北海道史編集所文献などの他、本庄家文書、高木家文書、屯田兵栃内元吉家文書など。札幌市中央区北三条西6丁目


仙台市博物館伊達家伝来の資料を保管する。中世の文書史料は約700点、戦国期が約650点など。コピーは不可。宮城県仙台市青葉区川内三ノ丸跡
http://www.city.sendai.jp/kankou/route/Museum/museum.html


東北大学付属図書館狩野亭吉旧蔵の狩野文庫ほか関東・東北を中心とした古文書が所蔵されている。宮城県仙台市青葉区川内
http://www.library.tohoku.ac.jp/library-j.html


彰考館文庫水戸藩の「大日本史」編纂事業に伴い設置された施設で、閲覧が出来る。学生・院生は教官等の紹介状がいる。茨城県水戸市見川1−1215−1


国立歴史民俗博物館考古関係、歴史、民族関係の資料を保管・展示する施設。古文書類では、高松宮家、広橋家、柳原家などの旧蔵史料が保管されている。千葉県佐倉市城内町117
http://www.rekihaku.ac.jp/index_nj.html


宮内庁書陵部明治17年に設置された宮内省図書寮がその元。所蔵史料は約40万点余で、旧桂宮家文書、旧伏見宮家文書、紅葉山文庫などを含む皇室、公家、武家の史料がある。閲覧は大学院生以上の研究者。事前に書面にて依頼するか、院生の場合は指導教授の依頼状が必要。東京都千代田区千代田1−1


国文学研究資料館史料館近世・近代を中心として、中世も含めた約50万点の史料を収蔵。閲覧は18歳以上。東京都品川区豊町1−16−10
http://www.nijl.ac.jp/


国立公文書館内閣文庫国立公文書館内にある史料図書館。1873年、太政官図書掛を設置したのが始まり。江戸幕府以降の史料を保管し、整理、閲覧できるようにすることを目的とする。手続きすれば閲覧可。東京都千代田区
http://www.sorifu.go.jp/intro/koubunsho.html
(総理府のページから飛べます)


国立国会図書館国会図書館。国立国会図書館法で成立。旧赤坂離宮内に設置され、その後上野図書館を併合、国会脇に移転した。国会審議のために利用する目的の他、一般への図書閲覧(20歳以上)も行っている。蔵書は550万冊以上。所蔵文書は15万点を超える。特に近現代は充実している。東京都千代田区永田町1−10−1
http://www.ndl.go.jp/


東京国立博物館昭和59年に開館。帝室本、徳川本、シーボルト本などの書籍の他に、古文書あり。収蔵数は11万2000件。マイクロフィルム閲覧あり。東京都台東区上野公園13−9
http://www.tnm.go.jp/


東京大学史料編纂所明治2年に創立された国史編輯局が始まり。帝国大学文科大学編輯掛などを経て、現在に至る。所蔵史料数は47万2310点。東京大学の関係者の紹介状、公式の依頼状を持参したものか、図書部長が許可したもののみ閲覧可。ただし一部閲覧できない史料もある。東京都文京区本郷7−3−1
http://www.hi.u-tokyo.ac.jp/index-j.html
東京大学のHPhttp://www.u-tokyo.ac.jp/index-j.htmlからも行けます。


東京大学図書館蔵書は約75万冊。阿川文庫、秋葉本、知十文庫、竹冷文庫、亀井文庫など。閲覧は事前に往復ハガキで申請。東京都文京区本郷7−3−1
http://www.lib.u-tokyo.ac.jp/


南葵文庫旧紀州藩主徳川頼倫が、東京市麻布区(現東京都港区)の旧藩邸内に開設した図書館。1901年開館。開館当時は82000冊の蔵書があった。08年から一般公開。関東大震災後、蔵書が焼失した東京帝国大学へ寄付。東京都文京区本郷7−3−1
http://www.lib.u-tokyo.ac.jp/tenjikai/tenjikai95/bnk/nanki.html
東京大学図書館のページです。


東京都公文書館近現代の旧東京府、旧東京市、東京都の資料を保管。閲覧は20歳以上。東京都港区1−13−17


神習文庫財団法人無窮会の運営する文庫。大正4年に設立。井上頼圀の旧蔵書を中心とする。閲覧は入会金を払えば会員、特別会員になれる。東京都町田市玉川学園8−6−13


静嘉堂文庫岩崎弥之助、同小弥太によって設立。一時国会図書館支部となるが、現在は法人の運営。各文庫旧所蔵史料約20万冊。大学生以上の紹介状を持つ研究者。東京都世田谷区岡本2−23−1
http://www.mitsubishi.or.jp/j/kanren/seikado.html


尊経閣文庫加賀前田家が収集した史料群。国宝22、重文72、和書6300、漢籍3750、古文書2500。閲覧は独立研究者に対し、必要と判断した場合のみ。東京都目黒区駒場4−3−55


東洋文庫1917年(大正6)に岩崎久弥がモリソンの蒐集蔵書を購入し、24年財団法人として開設。48年国会図書館支部東洋文庫が開設。蔵書は約70万冊。閲覧は研究・調査の必要があると認められた場合のみ。東京都文京区本駒込2−28−21
http://www.toyo-bunko.or.jp/index.html


早稲田大学中央図書館平安から近代に至るまでの文書、および荻野研究室文書(1200点)、大隈文書(近代の公文書関係12000点)がある。閲覧は早稲田大生、早稲田卒業者、図書館相互利用による他大学の学生。東京都新宿区西早稲田1−6−1
http://www.wul.waseda.ac.jp/index-j.html


神奈川県立金沢文庫1275年設立の金沢文庫を前身とする。旧金沢文庫所蔵史料、古文書、彫刻、絵画など。展示物以外の閲覧は基本的に不可。神奈川県横浜市金沢区金沢町217
http://www.three-f.co.jp/yokohama/kanazawa/bunko.html


蓬左文庫尾張藩御文庫旧蔵史料を基に設立された尾張徳川家の文庫。現在は名古屋市が管理する。尾崎久弥コレクションなど計約8万点。愛知県名古屋市東区徳川町1001


神宮文庫1684年設立の豊宮崎文庫、1686年設立の内宮文庫を元とする。伊勢神宮、伊勢神道関係の史料を中心とする。三重県伊勢市神田久志本町字赤井1711


京都大学総合博物館京都大学文学部博物館と自然史関係資料分をを統合した博物館。中世、近世の古文書を相当数所蔵している。京都府京都市左京区吉田本町
http://www.museum.kyoto-u.ac.jp/index.html
http://www.kyoto-u.ac.jp/(大学HP)
http://ddb.libnet.kulib.kyoto-u.ac.jp/minds.html(電子図書館)


陽明文庫近衛家に伝来する史料を管理するために昭和13年に設立。国宝8、重文52など総数約20万点。基本的に閲覧は研究者のみ。ただし、学生・院生は指導教官の紹介状を必要とする。京都市右京区宇多野上ノ谷町1−2


冷泉家時雨文庫冷泉家に伝来する史料の官吏のために昭和56年に設立。国宝3、重文31など数万点。非公開。京都市上京区今出川通烏丸東入玄武町599


岡山大学附属図書館旧岡山藩池田家文庫をはじめ、備前、備中、美作の近世史料各種15万点以上。岡山県岡山市津島3−1−1
http://www.okayama-u.ac.jp/user/li/index_li.html


広島大学附属図書館肥後人吉藩相良家文書のほか広島藩関係、安芸国関係の史料を収蔵。閲覧は館長の許可が必要。広島県広島市中区東千田町1−1−89
http://www.lib.hiroshima-u.ac.jp/


山口県文書館毛利家文庫、徳山毛利文庫、塩田家文書などをはじめ山口藩関係の近世史料各種、熊谷家文書などの同地方中世史料を保管山口県山口市大字後河原松納150−1


九州大学附属図書館私立福岡図書館旧蔵文書や音無文庫、支子文庫などの学者旧蔵史料など多数が含まれる。福岡県福岡市東区箱崎6−10−1
http://www.lib.kyushu-u.ac.jp/index-j.html


熊本大学附属図書館旧熊本藩永青文庫、松井文書、阿蘇文書など中世から近世にかけての肥後・豊後関係の史料を保存。熊本県熊本市黒髪2−40−1
http://www.lib.kumamoto-u.ac.jp/


他の大分類

  古代
  平安
  鎌倉
  南北朝・室町
  安土・桃山
  江戸
  近代(ただいま工事中です)
  長期記録
  古文書集・史料集
  索引
 フロントページに戻る