日本史研究参考基礎史料一覧

 このページは、歴史の研究・その他において参照する史料の内、主なものを紹介するものです。

 取り上げてあるのは、文献史料、絵画史料、発掘品です。

 文献史料は古書と古文書に分けてあります。古書は個々に説明を、古文書は古文書集を説明してあります。

 一覧表のジャンル分けは、時代別、テーマ別の順になっています。ただし史料の年代が曖昧なもの、記録が長期に渡っているものは別になっています。

 一覧表の項目名が色・下線付きになっているものは、さらに細かい分類や説明へリンクしています。

 一覧表に載せられているデータは、史料名、著者・編者名、成立年月日、略説明、史料の掲載されている刊本、史料を所蔵している施設です。

 一覧表のデータには欠如している部分がある場合があります。

 便宜上、各時代毎に分類してありますが、史料の作成・完成が時代をまたがっている場合がありますので、もし、目的の時代にない場合は、他の時代で調べてみて下さい。

 掲載全史料は、索引に載せてあります。索引からは史料のあるページへリンクしていますので、そちらもご利用下さい。

 史料所収施設でホームページを開設しているところのアドレスを付録して載せております。

 この一覧表は完全ではありません。ジャンル等のご要望、間違いのご指摘などございましたら、メールでお願いいたします。

  TOPページに戻る


 以下の大項目をクリックして下さい。さらにジャンル別に細かい分類がされております。  −古書−   古代・奈良時代まで(〜A.D.793)   平安(A.D.794〜1191年)   鎌倉(A.D.1192〜1333年)   南北朝・室町(A.D.1334〜1573年)   安土・桃山(A.D.1574〜1602年)   江戸(A.D.1603〜1867年)   明治から終戦まで(A.D.1868〜1945年)    ただいま工事中です。ご了承下さい。   長期記録史料     個人の範疇を越えて、代々書き継がれるなどして長期に渡っている史料です。     特に上記で分類した時代にまたがっているものを挙げています。
 −古文書−   古文書集、史料集     古文書集、史料集です。
  偽書、偽文書     偽書、偽文書は、その内容についての信憑性は低いものですが、参考に御覧下さい。     ただいま工事中です。ご了承下さい。
  文庫     史料を保存している施設、機関の一覧です。     ホームページのある施設はアドレスがついています。
  史料索引:史料名のみ一覧(50音順)
  TOPページに戻る