福留 繁(ふくとめ しげる)
 1891.2.1〜1971.2.6。鳥取県出身。
 1912年海軍兵学校、26年海軍大学校卒業。30年人事局員、33年連合艦隊首席参謀、34年軍令部第2課長、35年軍令部作戦課長。日中戦争に関わり、38年4月支那方面艦隊参謀副長。同年11月戦艦長門艦長。39年連合艦隊兼第1艦隊参謀長。41年4月軍令部第1部長。真珠湾作戦を計画。42年中将。43年5月連合艦隊参謀長。44年3月連合艦隊司令部移動のため司令長官らとダバオへ向かう途中遭難。不時着して抗日ゲリラ兵の捕虜となる。この時機密書類を奪われた(海軍乙事件)。その後第31警備隊に救助され、事件については不問となった。6月第2航空艦隊長官。45年1月第1南遣艦隊長官兼第13航空艦隊長官。同年2月第10方面艦隊長官兼任。戦後は水交会理事長。